イラスト お仕事

エッセイ記事の挿絵を担当しました

投稿日:

山口県医師会報に寄稿するエッセイ記事内の挿絵をご依頼いただきました(2枚のうち1枚ご紹介です。もう1枚は制作事例ページをご参照ください)。

寄稿記事の内容は、アメリカの元民主党上院議員であり宇宙飛行士でもあったジョン・グレン氏と第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ氏について。挿絵は偉大なお二人の似顔絵を、というご依頼でした。

「追悼の意味をこめたい」というご要望だったのでモノクロにしたのですが、宇宙に未来への希望を持ち続けた人物でもあるので、左側(※)に明るい光を配置。全体的に希望がある、明るい1枚に仕上がったのではないかと思います。

※人物が左を向いていると「未来、展望」のイメージ、右を向いていると「過去、懐古」のイメージになるそうです。何か絵を見る際は顔の向きに注目してみても面白いかも!?

 

話は変わりますが、人物をリアルタッチで描くときは写真を資料に描いています。資料が1枚の写真だけで済むことはほとんどなく、輪郭や顔のパーツがそれぞれきちんと写っているものを見て、頭の中でつなぎ合わせていきます。平面の資料を見て平面に描くために一度頭の中で立体化する工程が入ってくるわけです。なかなか難しい作業ですが、自分の手で一から表情を再現するために必要な工程になります。

ですので、もしリアルタッチでのご依頼の場合には違う角度で撮影された写真を複数ご用意くださいませ!より本物に近づけるための重要なポイントになります。

-イラスト, お仕事

Copyright© SHIBA-TripleA , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.